衝撃の事実が判明! 
2007/04/11(Wed)
新入OLは、意外と慎重派?
当たり前のことをきちんと押さえた上で、
まずは彼女たちの“信頼”を勝ち得ることがモテへの早道…。

う~ん、結構難しいな… って、imora が悩んでどうする!
新人OLさんは、くたびれた中年親父なんか、見ていません…。

◆女性にはちゃんと「さん」づけ。 呼び捨てなんてもってのほか!
  当たり前だぁ~。 そんな恐ろしい事出来る訳無いでしょ…。

◆若々しさ、新鮮さなどの視点で、お局様をけなさず、新人をホメない。
  お局様を敵にまわすと…  あ~、考えたくない、怖いよ…。

◆間違っても「お茶入れて」なんて言わない。自分の分はさっさと自分で入れる。
  imora の私生活も同じです…。 (悲)

◆既婚者の場合、奥さんや子供の話は自分から話さない…
  ブログで、嫁との自虐ネタを書いてる imora です。 (爆)

◆清潔なのはいうまでもないが、スーツが似合っている…
  持って生まれた骨格が… スーツが似合いません!

◆机周りがきれい。但し片付きすぎてるのもコワイ。
  imora のデスクは…
  昔、香港フリークの女の子に、魅惑の九龍城!と形容された…。

◆デスクトップの壁紙がアイドルなど、もちろんNG! 論外!!
  あの~ 数ヶ月前まで、伊藤由奈ちゃんでしたぁ! (爆)
  ♪たとえばぁ~ 誰かのぉ~ ためじゃなく
   あなたのために 歌いたいこの歌をぉ~♪

そんな理由で、 imora は、新人OLさんにモテません! (悲)
関連記事
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<歌手が本業?? | メイン | 不満の嵐>>
コメント
-  -
「魅惑の九龍城」・・素晴らしいネーミングセンスですね。
今の若い人たちには意味分からんでしょうけどね。
ちなみに私の机は「ハウルの動かない城」呼ばわりされましたが、さすがに現代風ですよね。
な~んて讃え合ってる場合じゃないですね σ(^_^;)

しかしあれですね、話し変わりますけど。
社内恋愛するカップルって絆が深いんでしょうね。
特に女性は身近な所で選ぶことに抵抗あるでしょうに、それでも惚れさせてしまう男には、それなりの魅力がないとダメだと思うんですけど。
悪い部分も全部見えちゃってるわけですから。
でもハマってしまえば、イントラで逢引してニヤッたり、給湯室で接吻したりというスリルもあるらしいですが、本当なのでしょうかね。
立入ったことを聞きますが、Imoraさんとこの馴初めはオフィスラブですか?

日立の樹には時間が許せば立ち寄ろうと思ってますよ。
でも北端のノースショアには絶対行きたいので、どうなるか分かりませんが。
なにせ今回の旅行はハワイ島メインですから、オアフ島には1日しか滞在しないかもです。

では、行って参ります。

追伸:
ウェブメーラーを使った毎日のメールチェックと、国内と同じ番号でかかるレンタル電話(今日机に置いてあった)の携帯を職場から義務付けられました。
前者はまあいいとして、後者については普通にお客から電話がかかってくるだろがっ (-_-#)
不幸なことに時差は中途半端な19時間・・こんなんだったら時差12時間の場所に行けば良かった。
さすがは自己犠牲の上に成り立つ民間企業ですな。
帰ってきたらしばいたる、電話の手配したヤツ探して絶対しばいたる! ウ~ ( #` ¬´#)
2007/04/11 23:40  | URL | VORTIS #0xYo.9.g[ 編集] ▲ top
-  -
確かに… 若い人達は、九龍城って何? って思うのでしょう。
今は、解体されてありませんからね…。


社内恋愛するカップルは、男に魅力が無いとダメですが、
「もう… 私が付いていないとダメなんだからぁ~」 系の
姉さん女房型 社内恋愛結婚も多いですね~。


ご質問頂きました imora と嫁の馴れ初めは…
意外と感じるかもしれませんが、
お見合いでした。

お互いに何人かの異性と付き合い、
「しばらくは、一人が良いな~」 って感じていた頃、
降って沸いたような お見合だったので、
二人とも割り切って、まあ お見合という「伝統的な しきたり」を楽しんでみようと、
気楽に飯食ったりしているうちに…
気が付いたら、披露宴の日時が決まってしまった感じです。

初めての お見合いが、6月10日…
結納が、7月7日… 入籍が、10月10日!
出会ってから4ヶ月後に、入籍してしまいました。
縁とは、不思議なものです。 (笑)


ハワイまで行くのに、携帯持たされてるんですかぁ? はぁ~?
何という事でしょう!(ビフォーアフターのナレーションが頭に浮かぶ…)
http://asahi.co.jp/daikaizo/popup.html

今回の匠は、別名 「ゆとりと自己犠牲の探求者」 (爆)
匠の粋な計らいで、ハワイにいても、お客様からの電話を、
日本と同じように受けられる機能を持たせた
自己犠牲溢れた携帯電話の登場です。 (笑)

VORTIS さんの会社には、匠が存在するのですね…。 (爆)
電話に負けず、楽しんできて下さい。
2007/04/12 08:10  | URL | imora #O24v7Kjk[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://imora.blog37.fc2.com/tb.php/836-3f5c837c

  ▲ top

| メイン |