医療現場の現実 
2007/03/21(Wed)
今回は、ちょっと長文で、真面目な事を書きますので…
あ~、めんどくさい! って方は、読み飛ばして頂いても結構です。

昨日の夜、疲れ果てて帰宅した imora の嫁…。
これが、医療現場の現実なんだな…。 この国は、どうなるの?
一体何処が 「美しい国」 なんですかね??

imora の嫁は、看護師なのですが、
嫁曰く、「職場は、毎日が戦争だ!」
「一瞬でも気を抜くと、撃たれて即死だよ…」
「おかしい? 何かが間違っている…」
相当な激務の為、短い言葉を残し、爆睡する毎日でございます。

徳島県ってのは、平成16年時点で「人口10万人」当たりの「医師の数」が、
東京都を除く地方都市では、 全国トップ なんですよ!
就業看護職者数の年次推移 を見ても、全国平均は上回ってるんです。
なのに、何故こんなに激務なんだぁ??

子育て中の imora は、急な子供の病気で、
夜間救急施設を利用する機会があるのですが…
これだけ、医師の数が多い県なのに…
何? これ?? この貧弱な医療体制…。
正直、そう感じてしまう事が多いですね~。

しかし、現場の医師や看護師は、現状の戦力で、
最大限のケアをしています!
imora の嫁も含めて、現場は、頑張ってるんですよ!
最大限の努力をしているのです…。


やっぱり、おかしい!
この国は、何かが間違っている…。 (悲)


そんな中、やっと 「故中原利郎医師の労災認定判決」 が出たんですよ!
彼の勤務先では、24時間365日の小児科診療を、
何と、計4名の医師で診療を続けていたとの事…。
(全く信じられない医療体制です。)

その後、過酷な勤務状態で、うつ状態となり、
病院の屋上から飛び降りて、自ら命を断たれたそうです…。
医師としての誇りを持ち、患者の事を第一に考え、
頑張っていた彼の評価は…

過労だとは認めない!
ただ、本人が精神的に脆かっただけ…
何なんでしょうね? この国は…
生む機械発言大臣や、なんとか還元水疑惑大臣が
トップに座る国でございます。
いくら主張しても、無駄なんでしょうか??

今回の判決を受けて、控訴を断念していただけるよう願っております。
もし、興味がおありの方がいらしたら、
「小児科医師、中原利郎先生の過労死認定を支援する会」 をご覧下さい。
関連記事
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<SAF1応援席も断念か? | メイン | 地上波オープニング>>
コメント
-  -
imoraさま
心中 お察しします。
こんな国 信じられるか!って事がいっぱいありますね。
今まで さほど関心がなかった この国のこと「きっこの日記」というブログと出会って
驚くことばかりでした。
3月10日の日記とか読むと
ほんと この国 間違ってますよね。
医療現場も まじめに一生懸命やってくださる人にばかり しわ寄せが行きますね。
恥ずかしながら「故中原利郎医師」のお話
知りませんでした。
やり場のない憤りを感じています。
なんとかならんのかい!!
2007/03/21 12:57  | URL | elf #iSkDS.SU[ 編集] ▲ top
-  -
「きっこの日記」 「きっこのブログ」 共々、面白いですね~。
毒舌だけど、切り口が素晴らしいです。
彼女(彼?)が、一体何者なのか? 非常に興味があるところです。 (笑)

imora も、この国の事は、子供が出来るまで、殆ど無関心でしたから、
偉そうな事書く資格は無いのかもしれません…。
ただ、親になった事で、自分の子供が、背負っていくんだな… と思うと、
いろんな事を考えるようになりましたね~。
ほんとに、「なんとかならんのかい!!」 って、感じですね…。
2007/03/21 15:51  | URL | imora #O24v7Kjk[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://imora.blog37.fc2.com/tb.php/777-9e3659b0

  ▲ top

| メイン |