オーストラリアGP決勝 
2007/03/18(Sun)
オーストラリアGP決勝(結果あり) 終わりましたね~。
ライコネンさん + アロンソさんを中心にして、
第4世代と呼ばれる (フジテレビが呼んでいるだけ?) 若手組が登場!
世代交代が進んでいるのですね~。

中でも ハミルトンさん、さすがですね~。
さすが、ロン・デニスの秘蔵っ子!
ここまでやるとは、思ってもいませんでした…。

ホンダさんは…
これは、 深刻な状態 かもしれません…。
まあ、前年度のアップデート版マシンだったら、
優勝は無理なので、リスキーである事は承知で、
ニューマシンを作ってきたんでしょうが…。
次戦、マレーシアで、結果が出ますかね??

トヨタさん は、冬のテスト期間の状態を考えると、
何とか持ち直したって感じでしょうか…。
しかし、今の状態では… 優勝は無理かな??

SAF1さん は…
思ったほどペースが上がらなかったですね…。
まあ、ぶっつけ本番の走行なので、
仕方ないのかな…。

日本チームは、予選で盛り上がりすぎて…
冷静になってみると、これが今の実力なんでしょうね~。

地上波のオープニングは… 批判ばかりしないで、
受け入れていかないと、いけないんでしょうね…。
関連記事
この記事のURL | F1 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<琢磨さんサイン入りステッカープレゼント | メイン | 救急車で病院へ…>>
コメント
-  -
HONDAワークスチーム、やはり厳しい内容でしたね。
あまり気を落とさずに、CSの現地解説で森脇さんが言ってた言葉を信じることにしましょう。

・・新しい(中本)体制になって初めてのAll Hondaマシン、かつてないほど新しい試みが行われている。
それだけにブレーキバランスなど細かい不具合の調整が間に合わなかったが、マレーシアまでにはいくつかのパーツが入荷すると聞いている。

つまり「無難なマシンで上位入賞すればいいや」という今までの方針を脱却し、独創的なアイデアを取り込むことで常勝できるマシンをつくるということだと受け止めています。
SAF1に譲った?昨年モデルのほうが速かったというのは皮肉な結果でしたが、まあ仕方ないでしょう。
でもね、あの不愉快なFSWの親会社チームに勝つことが目標ではなくて、私はコンストラクターズでの優勝を目指すHonda Racing F1 Teamを応援していますから。
ここはひとつ、今後の大化けに期待しましょうよ。

追伸;バリチェロはグチャグチャ言い訳するな!
2007/03/18 23:34  | URL | VORTIS #0xYo.9.g[ 編集] ▲ top
-  -
あえて優勝を狙って、攻撃的なマシン開発をしましたから、
トヨタさんとは、完全にコンセプトが異なるような気がします。
果たして、各チームのマシンが熟成した時、
トヨタさんがどれくらいの位置でいるのか?

トヨタさんは、日本GPも控えているし、失敗は許されないぞ!
っていう危機感が、見え隠れするマシンだと思いますね~。
別の表現をすると、手堅くまとめたマシンって感じでしょうか。

コンサバは、所詮、コンサバ…。
いくらアップデートしても、伸び巾には、限界がありますからね…。
ホンダさんは、それが分かっていたから、今回のマシンになったのでしょう。
トヨタさんもホンダさんも、中盤あたりで、うろうろしている時期は、
もうすでに終わっているはず…。

とにかく、マレーシアテストに期待しましょう!
2007/03/19 07:41  | URL | imora #O24v7Kjk[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://imora.blog37.fc2.com/tb.php/766-2d67d33a

  ▲ top

| メイン |