阿鼻叫喚 
2007/10/07(Sun)
阿鼻叫喚 (あび きょうかん)
かつて、これほどまでに この四字熟語が当てはまるイベントが
あったでしょうか? 一週間経った今でも、発熱・喉の痛み・体調不良に
悩まされている友人たちが沢山います…。 (悲)

しかし、悲しい事実ですが、大手マスコミ・雑誌・TV等では、
全く報道されていません…。この人災が、黙殺されようとしています。
まあ、相手は、 広告宣伝費 12年連続首位のトヨタ様 ですから、
大人の事情…。 これが限界なのかもしれません。

けんさわさん 今宮さん、その他 一部モータースポーツ関係者の方々が、
果敢にも今回のGP運営に 「トヨタ様批判」 とも取れるような記事を
掲載しています。 本当に有り難い事ですね…。

右京さんも 自身のブログ で、富士のコメントを掲載しています。
この文面の裏に、右京さんの本音(怒り)が垣間見えます。
imora は、そう感じました。ただ、右京さんの立場じゃ、
このコメントが精一杯なのでしょう。


今回の人災を批判・検証している各サイトを閲覧しましたが、
一番の原因は、トヨタ様の日本GPに対する認識の甘さ!
今回の人災で、ハッキリ分かりました。
トヨタ様が、日本GPを開催する事自体、間違いだったのです。

あの、日本GP特設サイトのトップページに、トヨタのマシン(アニメ)を
堂々と掲載した時点で、我々は気付くべきだったんです。
彼らの本音を…。

来年の日本GPですが、 imora は見送りです。
トヨタ様が運営する限り、恐ろしくて観戦出来ません…。
命の保証も無い、地獄絵図の中に放り込まれるのはゴメンです。


来年、この状況が カイゼン されるのか? 誰も分かりませんが、
それでも富士へ行くという方もいらっしゃるでしょう…。
そんな方の為に imora からのアドバイスです。

シャトルバス地獄で、予選や本戦に間に合わなかった場合、
大会事務室で 遅延証明書 を発行して貰いましょう。
「makorere」 さんのブログ や、 富士F1観戦Q&A を読んで、
初めて分かった事なのですが、チケット代、交通費、宿泊費を
返還される 85名 は、遅延証明書を貰っているようです。

FSW側が積極的に発行したとは考えにくいので、
おそらく、観戦者本人 (あの混乱時に冷静な人もいたんですね) が、
現地で請求したのでしょう。 今回の人災、遅延証明書の無い観戦者には、
払い戻しは一切行われないでしょう。

あとは、命の危険を感じたら、無理せずに撤退して下さい。
自分の命 お子様の命は、自分自身で守りましょう…。
再来年は、鈴鹿で開催されます。決して無理しないで下さい。
関連記事
この記事のURL | トヨタGP | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<言葉が出ません… | メイン | 台風が…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://imora.blog37.fc2.com/tb.php/1129-d507da66

  ▲ top

| メイン |